人文研コラム
Subscribe to RSS Feed
quinta-feira, 29 de junho de 2017
去る5月21日(日)、大阪大学中ノ島センターにて根川幸男先生(国際日本文化研究センター機関研究員)に『移民史から見える近現代日本人/日系人と「世界」』と題して講演していただきました。

「移民とは何か?」というサンパウロ人文研が掲げてきた問いを受け継ぎ、「移民にとって移民...
terça-feira, 09 de maio de 2017
2016年の10月からサンパウロ人文科学研究所で研究を行なっている柴田です。この度は、去る4月28日から5月1日までペルーのリマで行われたLatin American Studies Association(通称LASA)の年次大会に参加して来ましたので、そのレポートをしたいと思います。

LASAはラテンアメリカに関する研究の国際的学...
sexta-feira, 28 de abril de 2017
<< 第 4 章 コチア組合対モジ組合の対立


第 5 章 野菜は食生活の必需品

1 工業化と生活様式の変化
 リオ市とサン・パウロ市における野菜需要の増大は、生活様式の変化と関連する。生活が変わっ...
terça-feira, 25 de abril de 2017
サンパウロ人文研日本支部では以下の要領にて講演会を開催いたします。
皆様のご参加お待ちしております。


移民史からみえる近代日本人/日系人と「世界」

講師 根川幸男氏(国際日本文化研究センター機関研究員)

...
sexta-feira, 17 de março de 2017
<< 第 3 章 日本人農家の生産活動


第 4 章 コチア組合対モジ組合の対立

1 モジ産業組合の経営事情
 モジ産業組合は、1933 年 3 月 8 日、既存の「モジ・ダス・クルーゼス農産物出荷組合」( Grupo de T...
sexta-feira, 24 de fevereiro de 2017
<< 第 2 章 サン・パウロ近郊における野菜生産


第 3 章 日本人農家の生産活動

1 集団地づくりと協同組合
 日本人がサン・パウロ郊外および近郊で野菜栽培をおこなうにあたり、規模の大小はあっ...
sexta-feira, 10 de fevereiro de 2017
<< 第 1 章 ブラジルにおける野菜普及前史


第 2 章 サン・パウロ近郊における野菜生産

1 20 世紀初めの野菜栽培事情
 野菜需要が少なかったので、19 世紀末までの生産も低調だったことはすでに述...
sexta-feira, 10 de fevereiro de 2017
昨年10月30日に当研究所顧問宮尾進氏が亡くなられました。宮尾氏は5月ごろから肺がんを患っておられました。

宮尾進氏略歴:1930年、アリアンサ移住地生まれ。1953年に信州大学文理学部人文科学科哲...
quarta-feira, 08 de fevereiro de 2017
三島由紀夫は1951年12月から翌年5月にかけて行った世界旅行の途次、ブラジルを訪れました。彼はリオ、サンパウロ、リンスに滞在したのちリオを再訪し、カーニバルに参加しています。この旅行を題材に三島は「アポロの杯」という紀行文を書きましたが、ことブラジルに関する描写は抽象的で謎...
sexta-feira, 13 de janeiro de 2017
ブラジル日本移民史料館では昨年11月より今月末まで水野龍をテーマとする企画展(「ブラジル日本移民を始めた男 水野龍――笠戸丸航海日誌サンパウロ初公開」)を開催しています。サンパウロ人文科学研究所ではその...
terça-feira, 10 de janeiro de 2017
<< 序へ

第 1 章 ブラジルにおける野菜普及前史

1 ポルトガル人による野菜の導入
 日本人の間で、「ブラジル人の野菜摂取量は少ない」という話を聞く。ほんとうに少ないのかどうか。これは比較の...
quarta-feira, 21 de dezembro de 2016
このレポート掲載にあたり、執筆をなされていた当研究所の嘱託研究員中野順夫(なかの・よりお)氏がこの9月28日不慮の事故によりお亡くなりになったことをご報告いたします。

中野氏は1943年、北海道小樽市生まれ。早稲田...
quinta-feira, 27 de outubro de 2016
移住者の言語や文化およびそれらを介した人びとのつながりは、だれにどのような価値をもたらしているのでしょうか。その受益者はどこまで広がるのでしょうか。そして、家族の階層と親の職業は、子どもの教育にどんな影響を及ぼすのでしょうか。今回の発表では、「ブラジル人女性移住者に...
quinta-feira, 15 de setembro de 2016
「ブラジル日系美術史」の259ページ、5行目から10行目までを、次のように訂正いたします。 著者

 戦後日本から移住して活躍した建築家では、早稲田の建築科を卒業してサンパウロ市の森田設計事務所の招聘で相田祐弘、笠原佰(ハク)が、1957年に初の工業移住者として来伯。73年に...
segunda-feira, 29 de agosto de 2016
<< 3 ジュート産業の盛衰


参考資料

日本語資料 (著者姓五十音順)

01 - 秋山桃水編 「高拓会会報」 第 1 号( 1958 年 10 月発行)~第 287 号( 2000 年 12 月 31 日発行)、高拓会発行、サン・パウ...