www.cenb.org.br Português
移民
ブラジル日系移民

ブラジルに於ける日系人口調査報告書-1987・1988-


人口の地域的分布


1987年7月調査時現在の、ブラジル在住日系人口は総数1.228.000(±3.000人)と推計された。ここでいう「日系人」とは日本人移民及び日本人長期滞在者とその子孫を指し、こうした日本人の一人を祖先に持つブラジル在住の者は全て含まれている。ブラジルへの日本人移住は1908年に開始され、本調査の時点に於いて、すでに79年が経過しているが、自己の祖先(ここでいう祖先とは直系の祖先である)に日本人がいたかどうかはまだ明確に認識されていると予想された。そこで本調査では、調査員に調査地域内全人口に、「祖先に日本人がいたか」、いたとすれば、誰が-ということは調査員が持参した系譜(6.調査票及び関連書類の章を参照のこと)のどの個人が-日本人だったかを質問させた。大多数の非調査対象者がこの質問に明確に回答しえた。こうした調査の結果、推定されたのが上記の推定値であり世代別人口等の推定値である。また、「日系人」の概念に関連して、「日系世帯」の考え方に触れれば、本調査では日系世帯を上記のような日系人を一人でも含む世帯と規定したこの規程ではどんなに世帯員数が多くとも一人でも日系人が同居していれば日系世帯とし我々のサンプルとして調査を実施した。従って、こうした日系世帯に含まれる全人口数は日系人口数を上回っている。1987年調査時に於いて、この人口数は1.479.000人を数え、日系世帯内には約251.000人の非日系人口が同居していることになる。しかし、本報告はあくまでも日系人口を対象として、現在に於ける日系人口の特質の一端に接近することを目指しており、必要のないかぎり、非日系人に関しては記述を行わない。

さて、IBGEのブラジル推定人口(população residente projetada)によれば、1987年度のブラジル総人口は141.452.187人である。従って、同年に於ける日系人口のブラジル総人口に占める割合は0.868%ということになる。この人口が現在ではブラジルのあらゆる地域に居住している。日系人口の地域的分布を示してみよう。表2-1,2-3,2-5は地域別日系人口の分布を示したものである。これらはいずれも5大地域を基礎にしているが、東南部(sudeste)地域には日系人口が集中的に居住しているので、表2-3,2-5ではさらに当該地域がサンパウロ市(MUNICÍPIO DE SÃO PAULO)、グランデ・サンパウロ(ここではサンパウロ市は除外される)、サンパウロ州(ここではサンパウロ市とグランデ・サンパウロは除外される)、及びサンパウロ州外の諸州-リオ・デ・ジャネイロ、エスピリト・サント、ミナス・ジェライス州-とに細分化されている。

表2-1 5大地域別男女別人口構成
地域区分性別不詳合計
NORTE18.000 15.000  33.000
NORDESTE11.000 17.000  28.000
SUDESTE496.000 472.000 6.000 974.000
SUL72.000 71.000 1.000 143.000
CENTRO-OESTE28.000 19.000 2.000 49.000
合計625.000 595.000 8.000 1.228.000



表2-2 5大地域別男女別人口構成の誤差限界表
地域区分性別不詳合計
NORTE7.0004.000 11.000
NORDESTE23.00034.000 57.000
SUDESTE42.00046.000 89.000
SUL18.00030.000 49.000
CENTRO-OESTE9.0003.0004.0008.000
合計18.00011.0004.0003.000



表2-3 地域別男女別人口構成
地域性別不詳合計
NORTE18.00015.000 33.000
NORDESTE11.00017.000 28.000
CIDADE DE S. PAULO163.000159.0004.000326.000
GRANDE S. PAULO90.00078.0002.000170.000
ESTADO DE S. PAULO204.000187.000 391.000
RJ ES MG39.00048.0001.00087.000
SUL72.00071.0001.000143.000
CENTRO-OESTE28.00019.0002.00049.000
合計625.000595.0008.0001.228.000
備考: Grande São Paulo [サンパウロ市を除く]
   Estado de São Paulo [サンパウロ市と大サンパウロ圏を除く]



表2-4 地域別男女別人口構成の誤差限界表
地域性別不詳合計
NORTE7.0004.000 12.000
NORDESTE23.00034.000 57.000
CIDADE DE S. PAULO38.00054.0001.00091.000
GRANDE S. PAULO11.0009.000 21.000
ESTADO DE S. PAULO21.00025.0001.00045.000
RJ ES MG49.00065.000 114.000
SUL18.00030.000 49.000
CENTRO-OESTE9.0003.0004.0008.000
合計18.00011.0004.0003.000



表2-5 地域別男女別人口構成(1987)
地域性別不詳合計 %
NORTE1,441,24 2,68
NORDESTE0,931,39 2,32
CIDADE DE S. PAULO13,2512,960,3426,55
GRANDE S. PAULO7,346,370,1313,84
ESTADO DE S. PAULO16,5815,230,0331,84
RJ ES MG3,213,91 7,12
SUL5,835,820,0411,69
CENTRO-OESTE2,321,510,153,98
合計50,948,430,69100,02



これらの表から、日系人口の居住していない地域はなく、あらゆる地域に散在していることが了解される。しかしながら、その分布は決して一様ではない。日系人口の79.4%は東南部に集中する。しかもその大部分、日系人口の72.23%はサンパウロ州に居住している。さらにサンパウロ州のなかではサンパウロ市に総人口の26.55%が集中している。東南部地域以外では南部に人口の11.69%が居住している。この人口の大部分はパラナ州に集中している。また、日系人口の他地域での分布は中西部(CENTRO-OESTE)(3.98%)、北部(NORTE)(2.68%)、東北部(NORDESTE)(2.32%)となっている。最も日系人の分布が少ない東北部地域で、日系人口数は28.000人である。また、この人口分布を1958年当時(移民50年祭時『ブラジルの日系人調査』-これ以外に比較すべき、調査・統計資料はない。以下、1958年とはこの調査を指すものとする)と比較してみると(表2-7参照)、この30年間で人口数は約3倍となり、同様な地域的な変差を示しながらも、より広範な地域への広がりを看取することができよう。


表2-6 地域別日系世帯数
地域単身夫婦直系傍系非親族不詳合計
NORTE1.0004.0002.000 4.000 11.000
NORDESTE 6.000    6.000
CIDADE DE S. PAULO6.00070.00014.0004.0003.000 96.000
GRANDE S. PAULO 40.0005.0002.000  47.000
ESTADO DE S. PAULO8.00077.00017.0005.0009.0003.000119.000
RJ ES MG 18.0005.000 2.000 26.000
SUL2.00025.0007.0001.0001.000 36.000
CENTRO-OESTE1.00013.000  1.000 14.000
合計17.000252.00051.00012.00020.0003.000355.000



表2-7 1958年の人口分布
地域%人口数
NORTE1,215.227
SUDESTE  
 ESTADO DE S. PAULO75,68325.520
 RJ1,355.803
 MG0,672.878
SUL  
 PR18,1078.097
CENTRO-OESTE  
 MT2,068.886
 GO0,421.793
OUTRA REGIÃO0,411.765
不明0,00166
合計100,00430.135
Creative Commons License

Copyright © Centro de Estudos Nipo-Brasileiros